画家と、ステンドグラス作家

面白かったのは、
ステンドグラス作家は、是非とも完成品に、画家の「生の筆致」を加えなければと考え、画家は当初、その必要は無いと思っていた点
 
また、ステンドグラス作家がとても気にして、執拗に説明をした「原画の色面の置き換え」を、画家はあっけなく受け入れた点
 
少し戸惑った画家は、他者からはそう見えるのだと理解し、(細かく分割され、微かに下地にピンクが見える個所は、鮮やかなピンクの硝子に置換えられた)、ソレラは、絵の肝を損うモノではないと考え、受け入れる
 
製作途中のステンドグラスを見た時、画家が漏らした「美しい・・・」が、大方の差異を乗り越えさせたのだろう (色彩作家は、発光する色面を夢見るから)
 
ステンドグラスの構造上、鉛の輪郭線(原画に無い色面の分割も起こる)と、パネルの四角い枠が(絵が分割される)必然となる
 
記憶を頼りに、画面に、表れては消えるカタチを追い求めながら製作を進めるスタイルの野見山の絵は、その荒々しい筆致が肝だ(画家の拘り=個性)、と周りから考えられていた、が画家自身はそう考えてはいなかったのだ
 
構図が、ポジショニングが大事、色はソレを支え、微かな揺らぎを与えてくれるモノと、考えた居たようだ
 
野見山の、完成したステンドグラス壁面を見た感想は、「今まで色々気にして絵を描いてきたけど、もっと何でも、思いきってやってもイイんだな、と解った」

サンマリエは婚活をサポート

サンマリエではまずは活動を開始する前にお見合い写真を撮ります。

お見合い写真は、女性でしたら一番その方が綺麗に可愛く、男性に好かれるショットを撮ります。

そして男性も、一番女性が頼りがいのある、素敵な男性だと思っていただけるような写真を撮ります。

プロフィール、書類がそろうと初めて活動開始になります。

たくさんの中から条件検索をして、プロフィール写真をチェックして申し込みをします。

その間に申し込みをいただく場合もあります。自分に会ってみたい方もいますから。

双方の合意のもとでお見合いをします。料亭なんかでするお見合いでなく、ホテルの喫茶でなどで1時間くらい面会をする程度ですね。

実際会ってみて好きになれるかどうかのチェックするくらいのお見合いになります。

お友達から恋愛へ、そして恋愛から結婚へとステップアップしていく、そんな活動をサンマリエではサポートしています。

天巻きと天むす

今日仕事と仕事の合間に、スーパーにたちより、

腹ごしらえをしようと惣菜コーナーを物色中に、

おにぎりがあって、久しぶりに天むすにしようと

何も考えずに2個とったら、

1つは『天むす』、もうひとつは『天巻き』と

書いてありました。

私は2つをよく見くらべたが、大きさも形もどう見ても

天むすの形だし、その上、値段まで同じで、

いったい何がちがうんだろう??ということで、

結局2コ買いました。(笑)

違いわかりますか?

たぶんカタチが違ったらすぐわかるんですけどね。

見た目一緒だけに、やっぱり

食べなきゃわかりませんでした。(笑)

天むすは普通の天むすだったんですが、

天まきはそれに青しそがはいってました。

どちらもおいしかったですが、

私は天巻きの方が、好みでした。

ちょっとしたアクセント(青しそ)って大事ですねぇ。

 

天むすってこっちではよくありますよね~。

こっちが発祥の地ですからね。

そういえば、しぐれ(貝のしぐれ煮)のおにぎりも、

こっちは普通にコンビニにおいてありますよね~。

大学1年のときどうしてもしぐれのおにぎりが食べたくて、

学生会館のまわりのコンビニを4~5軒、

それも歩いて2時間くらい空腹のまま探し回った

思い出があります。

都内のコンビニにはしぐれのおにぎりないんだよね~泣

姉御肌・熱血漢。

私が一番嫌いなタイプの人間は、間違いなくやたら姉御肌・熱血漢。今まで彼らからどれほどストレスをいただいたことか・・・。

 

彼らは今までの未熟な人生の中でつちかってきた精神論と勢いだけで、井の中の蛙はたまた盲目のイノシシの如く、他人にぶつかってきます。

 

全てのセリフがどことなく芝居がかっていて、語尾には「!!!!!!!!!」がついてそうな勢いで喋る。

 

「世の中に根っから悪い奴はいないぜっ!!」という偽善者的考え。そして自分が嫌いな人以外の悪口を許さないという、身勝手な矛盾。

 

すべての出来事を自分中心で考える。やたら人目を気にする。根拠無く「やれば出来る精神」でやたらと人を励ます。やたら自分のことを語るのが大好き。自分の否を認めない。認めるとしても言い訳つき。

人が落ち込んでると首を突っ込んでくる。悩みは真剣に聞いてくれるが、精神論(「信じてればいつか必ず!!」みたいな)ばっかりを並べ立て、背中をバッシーン!!と叩いて「元気出せよっ!!」でおしまい。大したアドバイスはしてくれない。

 

姉御肌の女にはもっと嫌な兆候が。さんざん周りを巻き込んで皆を引っ張ってきたが、自分の荷が重くなってくると、突然の「本当の私は弱いのよ」アピール。

 

長くなりましたが、私は、このような人種と一緒にいると、まるで自分が「やる気の無い駄目な奴。」という錯覚に陥ります。だって彼ら、無意味にやる気に満ち溢れすぎてるんだもの!!!!!

 

次は具体的なエピソード付きで紹介します。

 

以上、都内在住21歳女子大生、明日昼から友達が来るのに部屋にモノが散乱してる乙女のつぶやきでした。

チョコ作り★

今日は友達とチョコを作りました♪♪

といっても、バレンタイン用ではなく、友達の誕生日プレゼントです。

 

渋谷のある店で購入したセットで作ったので、かなり美味くできました★

 というか、初めて手作りチョコを作りました!!!

 

なんかやたら楽しくて、予定ではチョコタルトだけだったのに、近所のスーパーへ買い足しに行き、必要以上にチョコクランチまで作ってしまいました。。。

 

 

 

プレゼント二人分とつまみ食いでいくらかは減りましたが、まだたくさん残ってます。

なんだか、誰かにあげたいって気持ちが湧いてきました(笑)

 

中学生とか高校生は、バレンタインに学校あれば好きな人と会えるけど、大学生になると相手に会うことから計画練らなきゃならない。。。なんて難しいんだ(泣)

 

とりあえず、今日作ったチョコの余りは、全部私が食べちゃいます。

 

以上、都内在住21歳、ストレスがなくて毒舌じゃなくなってる乙女のつぶやきでした。

うーん。今ふんばりどころ。

今日は派遣先で研修で、それが4時半までかかって、

お昼を食べてなかった&トイレに行きたかったので、

その近くのコンビニによって、トイレを済まし、昼ご飯を

買い、さあ仕事場(出向先)に戻ろう!としてたんだけど、

昨夜のこととか、いろいろ考えていて、

すんごいもやもやしてたんで、あー(><)!!!

すっきりしなきゃ!!と思い、とりあえず車の中のゴミを

捨てようとした時に、インロックしちゃったんだよねぇ。

ばかだよね。カギはもちろん、お昼ごはんも、ケイタイも、

財布も(財布の中には車の合鍵が入ってるんだけど、

全くイミないよね。使えない。泣)

整備士の娘だが、パパくんは、もちろん来てくれる

はずもなく、1時間もコンビニでJAFをまってたのに、

JAFの人は30秒くらいで開けてくれました。

 

 

父が整備士の私はJAFに入っているはずもなく、

(なんかJAFにみんな入ってるんだね。)

仕方なく、15700円払いました。(JAFに入会しました)

あと、なんか今日銀行に住民税払いにいったんだけど、

払えなかったの。でもさー明日からまた余分に追徴課税

かかるらしいじゃん!(><)

そして、今PCの電源がなくなったから、ACアダプターを

2階に取りに行ったら、足の裏に画鋲が刺さった。(><)

なんなんだ!!!今日は。(T T)

バレンタイン

もうすぐ、バレンタインです。

今年の私のチョコは、。どうやら行き場をなくしそうです・・・

 

だって片思いの彼は、就活中。。。

 

忙しくて、私なんかにかまってる暇ないよね・・・と思いつつも、ちゃっかりチョコは準備しちゃいました。

ずっと、友達だった彼だけど、突然渡したらやっぱり重いよなあ・・・

 

男の人って、やっぱりチョコもらう=好きって思っちゃうのかしら。

友達から恋愛へって、やっぱり難しい・・・最初から異性として意識して出会ってた方が楽だったよ~(泣)

彼は多分誰からももらわない(もらえない??)から、あげたいなあ。。。。

 

ところで、全国でチョコもらえる男の人って、何%なのだろう。

圧倒的にもらえない男の方が多い気がする・・・

 

以上、都内在住21歳、たまには毒舌辞めてラブラブモード全開しちゃいたい乙女のつぶやきでした。